スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的オススメサイト

ちょっと話題になっていたのでなんとなく書きます。共通して言えることだが、LoLは非常に選択肢の多いゲームなのでこれが正解と言えるものはほとんどないため、とにかく鵜呑みにはせず参考に抑えるのがいい。

身内
サイトって話はどこに行ったんだよって話だが、答えれる人がいるならサイトを探すより遥かに楽で質問しやすい。当たり前だよなぁ?

日本語Wiki
オススメサイトでWikiってどういうことって話だが、スキルの性能や効果の詳細、アイテムの効果などを調べるなら当然ここが一番。
戦略的なことなどは特にないため、あくまで詳細を調べたいときに。

Champion.gg
パッチ毎に各ロールの勝率、Ban率、使用率などの数値やキャラごとのビルドなど様々なことがわかるサイト。
とにかくいろんな数値がぎっしり詰まっている上に英語なのでわかりづらいかもしれない。
とりあえずスキル上げの順番、装備の買う順番、ルーン、マスタリーは文字を読む必要がないのでここを見るだけでも十分。
勝率に関しては使用率とのバランスが極端に悪いことが多々ある。例えばキャラは強いが使用率が高すぎるために勝率が低くなっていたり、逆に人気はないが使い込んでる人が勝っているため異常な勝率になっていたり。勝率の数値が高いからと言って強いとは限らないので注意。
個人的にはWin Percentで調べるよりもPlay Percentでソートし、そのバランスを見るのがオススメ。例えばWin Percentが52%あたりを越えていてPlay Percentが10%前後のキャラだったりするとそのパッチの最強の一角であることが多い。

LoLBuild.JP
貴重な日本語のビルドガイドのサイト。ぶっちゃけ調べるなら海外のサイトのほうがいいのだが、最大の利点はガイドによっては濃密に書いてある日本語による説明。
ただ当たり外れがかなり激しいので、利用するなら自分で探すよりも調べたいキャラのガイドを経験者に選んでもらうのが吉。

はやめんつ.com
いろんな記事があるが、イチオシなのがTierList。ざっくり言えばそのパッチでのキャラランク表。
LoLはパッチの更新が激しく、ランク表もころころ変わる。1キャラを使い込むのもいいが、個人的にはその時期その時期の最強キャラを触っていくのが一番楽に勝てるのでその参考として。強キャラ選べば間違いない。
元はNerfplzというサイトのものだが、ここでは日本語に翻訳されているため一部キャラのランク付けの解説が読めるためこちらのほうがオススメ。日本語は正義。

LoLは弱くても勝てます
勝てません。
ここはビルドガイドではなくかなり戦略面での話が多い。やはり日本語なのが正義。初心者にもいい記事がたくさんあるので、学ぶならここがいいかも。

とりあえずマスタリーもルーンもスキル上げも装備購入も最初はコピペだけでいいと思っているので、主にそこを重点的に。
ある程度慣れてRankにいくようになったりすればもっといろいろ便利ないサイトもあるので、また機会があれば。
スポンサーサイト

身内向けLoL 3150IP

最早安価ではないが、個人的にIPで買いやすい最後のラインだと思っている3150IPを。使ったことないChampが多いため初心者向けかどうかはわからないことが多め。
ADとかAPとかNA鯖の単語引きずってるけど日本語文字数長いから許してくださいお願いします。

アカリ Assassin Mid
忍者勢の紅一点。ナースだったりブラッドムーンだったり衣装色々。一度育つとほぼ試合終了の圧倒的なCarry力を誇る。
スキルがADとAPどちらのスケーリングがあるハイブリッド。そのため安易にMRを積んでもダメージを軽減しきれない。
最大の特徴は脅威の3回Blinkが可能なUlt。ADCやMageがうっかりQでマークをつけられると死を悟る。流石に3回もBlinkしてくる相手から逃げ切れるキャラは少ないだろう。

アニヴィア Mage Mid
伝説の3鳥フリーザー。ちなみにメス。
スキルの射程が全体的に長く、CCもスローとスタンがあり、Ultによりミニオン処理も強く、火力も高め。
さらには数少ない自分を蘇生させるPassiveは序盤終盤など関係なく強力。
特徴的なのはE。好きな位置に壁を作り敵も味方も通れなくしてしまう。味方を守るために敵との間に作ったり敵を逃がさないために通路を塞いだり用途はさまざま。ヴェインやポッピーなど壁にぶつけるスキルを持つ味方は大歓喜。
Ultが非常に強力で、FarmはだれでももりもりCSはとれるし集団戦も置いておくだけでダメージを出せるので扱いやすい。
しかし全体的に脆く、Eは使い方次第で自滅になることもあり、Manaの管理も難しめなので初心者にはいまいちかもしれない。

ブリッツ Tank Sup
初心者キラー筆頭。別に初心者でなくても殺される。トラウマになる人も多いだろう。自分は今でも嫌いである。
このキャラの全てはQ。いくつかあるいわゆるフック系のスキルの中でも即座に自分の目の前まで引き寄せるため、移動させる距離だけで言えばぶっちぎりのトップ。そこからEによる打ち上げでさらに拘束するのが黄金パターン。
QWEの全てが結局のところ敵一人を拉致することに特化している。どういうタイミングであれ大概ADCかMageを引っ張れば勝ち。
やることはわかりやすさの極みだが、Qの命中精度に全てがかかっていること、何も敵に当てれば誰でもいいというわけでもないあたり初心者には難しい点もあるが試合をぶっ壊す率でいえばSupでも屈指。やりがいはある。

コーキ ADC Mid、Bot
豚じゃない紅の豚。ADCでありながらBot以外のレーンにも行くレアなChampの一人。
このキャラの特徴はPassive。ADCではあるがダメージの内訳自体はむしろAPのほうが多いためにARを積んでも対策にならない。
長い射程を誇り連射可能なUltにより睨みあいなどで強い。また全てのスキルがAoEなのでミニオンの処理速度や集団戦においても強力で、移動距離の長いBlinkもあり隙が少ない。

ガングプランク Fighter Top、Mid
ストーリーで死んだり生き返ったり忙しい人。
全てのスキルがとにかく高性能。Qの追加効果によりお金が集まりやすいというこのゲームで最もわかりやすい強みがある。
WはCCを一瞬で解除しつつ回復まで出来てしまうインチキスキル。Eも異常なダメージを誇りCarryが一発で5割以上吹っ飛ぶなど日常茶飯事。
だが一番のインチキはUltで、射程無限+AoEダメージ+AoEスローという意味不明の性能を誇りたとえどこにいようとマップ全土に対して影響を出すことが出来る。
E連鎖爆破、E+QによるFarm、Ultを有効に使うために常にマップを意識する必要がある、装備依存度がかなり高めなど色々な理由で初心者が使うには厳しいだろう。

グラガス Tank,Mage Jungle
酒飲みデブ。腹が汚い。
ざっくり言うなら高性能。強烈なAoEスロー、打ち上げが付いているBlink、割合ダメージ、被ダメージ軽減等とさまざまな場面やビルドで活躍するスキルが多い。さらにPassiveの回復でしぶとさまである。
特にUltは使い方次第でエンゲージ、ディスエンゲージ、ピックアップなどあらゆる使い方が可能で非常に性能がいい。
Ultの慣れこそいるが使い勝手のいいキャラで、Gankも集団戦も得意なのでオススメかもしれない。

ハイマー Mage Mid
LoL屈指の害悪Champの一人。初心者キラーは当然として、たとえ経験者で合っても嫌いな人は多いだろう。自分は顔を見るだけでディスプレイを割りたくなる。
タレットという追加のミニオンのようなものを設置するのが主力という変わったChamp。そのタレットの制圧力はかなり高く、ミニオンをもの凄い勢いで処理できるのでこれをおくだけでどんどんタワーに押しこめる。
このタレットが原因で非常にレーン戦が強く、多少のキルでは屈しない。かと言って放置されれば集団戦でも洒落にならない強さになってしまうため面倒な存在。

カルマ Mage Sup、Mid
インディア。別に炎を吹いたりはしない。Ultで他のスキルを強化できるのが特徴。
強化Qによる高いAoEダメージを活かしたPokeとミニオン処理も強いが、周囲の味方全員にシールドをつけてMSも爆発的に上げる強化EはちょっとしたシヴィアのUltで非常に強力。
Qによるハラスが強烈で、レーン戦での強さはMageSupでも上のほう。
しかしUltによる強化もCDがあるため連発というわけにはいかず、このUltで何を強化するかが集団戦において鍵になるため慣れが必要になるだろう。

カーサス Mage Mid
デスメタルヴォーカリスト。なお聞いたら死ぬ模様。あまり他に見られない特徴的な要素が多いChamp。
AAの性能が指折りのゴミな分、消費マナとCDが異常に短いQがほぼAAの代わりになっている。Eのおかげでマナ持ちもいい。
だがやはりカーサスといえばPassiveとUlt。Passiveは死んだあと少しの間その場に残りスキルが撃ち放題になる。これのおかげでたとえ先に倒されても相打ちに持ち込むこともできる。Ultは相手全Champに必中の攻撃を撃つというとんでもない内容で、どこにいてもアシストを稼ぎにいける。
終盤の強さこそ圧倒的だが身を守る手段に薄いため序盤からGankの標的にされることが多く、当てやすいとはいえQが当たらなければろくなダメージが出せないのが難点。

カサディン Mage、Asassin Mid
見た目もそうだしライトセイバーみたいなの使ってるしダースベーダーだこれ。でも動きはむしろドラゴンボール。
PassiveとQの魔法ダメージを軽減するシールドによってAPダメージに対して硬いMageキラー。
しかい最大の特徴はUlt。ざっくり言うならAOEダメージのついているCDが極端に短いFlash。文面だけ見ればチートだが実際は一回撃つごとに消費マナが爆発的に増えていく。これによる機動力の高さと、瞬間火力で相手のADCやMageを一気に仕留めるのが得意技。
しかしなんとも全体的に悲しみを背負っているので使うタイミングはいまではない。

カタリナ Asassin Mid
ミス・ペンタキル。ガレンと恋仲。
レーン戦でどうこうではなく集団戦で敵を血祭りにあげるのが得意技。
なんといってもPassiveとUlt。敵を一人仕留めればそこから連鎖的に敵を仕留めていけるようになっている。
QとWで削る→Ultで一気に大ダメージを出す→Passive発動→またQとWを使う→逃げるならEで追撃→・・・
とわかりやすくスキルがまとまっている。
Wardすら指定できるEのBlinkはレーン戦でのGank回避にもとても役立つ。
マナがなく方向指定や地点を指定するスキルがないのは初心者にありがたいが、性質上ぺらぺらにも関わらず敵陣ど真ん中に飛び込むことが必須になるのでそのタイミングが非常に難しい。

ルブラン Asassin Mid
現状Midで代表的なAsassin。ファッキンBlink。
一瞬の火力がとんでもないThe・Asassin。Blinkによる機動力はゲーム中でも指折りで一撃離脱が非常に得意。
一度でもレーンでキルをとるとそこから連鎖的にキルが取れるようになり、いざ暴れ始めるとTankだろうが問答無用で蒸発させるほどの火力を誇る。WがAOEなため単体に特化しているというわけでもないのが恐ろしいところ。
難しい点はAsassin全般に言えることだが、真正面から行くのは不得意なので横なり後ろなりから不意打ちしなければならないところと、Ultにより何をコピーするかを考えなければいけないところ。

ラクス Mage Mid
どこかで聞き覚えのあるUltの名前。全く似ていないがガレンの妹。イケメンゴリラなのに恋人と妹に恵まれすぎである。
Pokeが得意なSTG勢の一人。Qのスネアに引っかかったが最後大体残りのスキル全部投げつけられて昇天する。
Ultは長射程のレーザーで、発生にこそタイムラグはあるが発生したあとは一瞬で範囲内を焼き払う。CDが短いため。ミニオン処理や集団戦におけるダメージなど使い勝手がかなりいい。
あらゆるスキルが方向指定という点は厳しいものの、かなり当てやすいEがFarmにハラスに大活躍なため初心者にもオススメ。

ミス・フォーチュン ADC Bot
腰つきがエロい。とてもいい。
ADCではあるが、AAだけでなくスキルも同時に扱うスキルファイタータイプのADC。
Wの自己バフとEのスローのおかげでBlinkこそないものの自衛力はそこそこ。
Ultは棒立ちになるという弱点こそあれどかなりの広範囲に大ダメージを叩き出せ、タイミングとポジション次第で一瞬で集団戦を終わらせるほどの影響力がある。
少々味方の構成に左右されるものの気持ちよさでいえばADC随一。

モルデカイザー Fighter Top、Mid
ごつい。どこからどう見ても物理型のTankにしか見えないがこれでもMage。そして近距離特化という変わり種。
マナを持たず、代わりにヘルスを消費してスキルを使う。ダメージを与えるとシールドという形で多少ヘルスが還元されるというちょっと変わった仕様。
AA強化のQのダメージが異常で、三発目はSEと相まってすさまじい爽快感。スコーン。
Ultで倒した時が一定時間幽霊となり味方にできるというかなり特徴的な性能をしている。スキルは撃てないがAAはできるのでADCを幽霊にできれば4v6という異常事態を引き起こせる。
しかし最大の特徴はチャンピォンどころかドラゴンを幽霊にできるところだろう。本来そこから動かないドラゴンがレーンをうろうろし、ノーリスクでタワーを攻撃する光景は一度は見てほしい。

ニダリー Asassin Jungle
人形態と虎形態をトランスフォームする変身キャラの一人。
マナ消費なしでBlinkを撃てるのとPassiveによりかなり機動力が高い。虎なだけはある。
単体に対する火力に特化していて、スキルをすべて当てたときのダメージは驚異的。
中立クリープを狩るのが異常に早いのだが、細かい操作やテクニックが多々あり棒立ちでAAし上がったスキルから使っていくというだけでは強みが発揮しきれない。また人形態のQを当てられるかどうかにより大きく左右されるなど、あまり初心者にはオススメできない。

オラフ Fighter、Tank Top、Jungle
もはやゴリラとしか言うことがないほどのゴリラ。ゴリラじゃないところは人間であることぐらい。
当てさえすればほぼ永続にスローのQによる追撃性能の高さと、PassiveとWにより粘り強く追いつめられるほどに強力になっていくサイヤ人のような特徴を持つ。
Ultは自己強化に加えあらゆるCCを無効にするというとんでも性能で、MS増加と相まって止めようのない戦車のごとき突破力を発揮する。
しかしやはりBlinkがなく、近づかなければ何もできないためUltなしではCCに対して何もできないのが欠点。

身内向けLoL 1350IP

続き。1350IPのキャラを。

アリスター Tank Support
牛。無料でもらえる。
即座に周囲の敵を打ち上げるQ、相手に突進して後ろに突き飛ばせるW、ミニオンすらも回復するAOE回復のE、防御力を上昇させるスキルではトップクラスの性能を誇るUltなどスキルが全て高性能なTankSup。
W→Qを上手く入力すると、Wで相手に突進した直後突き飛ばさずQで打ち上げるというテクニックが必須なので練習が必要。
Q、W、Flashの使い方で孤立した相手の撃破、集団戦を仕掛ける、仕掛けてきた相手を追い返すなど非常にできることが多い。

チョ=ガス Tank,Mage Top,Mid
癒し系生物。とても可愛い。Ultで敵と食べるとすくすく育っていく。癒される。
Passiveの能力でLHを取ってるだけでしぶとくレーンに居座れる。QとWは強力なCCが付いている上に比較的当てやすい。
Ultで敵を食べていけばどんどんHelthが上がり防具を買わなくても頑丈になれる。TopもMidもいけてそれなりに簡単なのでオススメの1人。

ドクター・ムンドー Tank Top
^p^ムンドー! Tankの中でも最強クラスのしぶとさを誇る。Manaが無い代わりにHelthを消費してスキルを使う。
Ultを使うととんでもない勢いで自動回復するので、レーンに半永久的に居座れて集団戦でも中々死なない。
Qは相手のHelth依存の割合ダメージなので、防具ばっかり買ってもダメージは出せる。さらにLHを取ると使ったHelthが帰ってくるためCSの取りやすさにも貢献してくれるのもありがいところ。
序盤は少々厳しいが、金さえ稼げれば終盤は不死身のブルドーザーと化せる上何かとスキルも高性能なのでオススメかも。

イブリン Assassin Jungle
条件付だが常時ステルスというえげつないPassiveを持つ。ピンクワードでなければステルスは看破できないためわからん殺し性能が滅茶苦茶高い。使ったことがないので詳しくは知らないが常時ステルスの分何かと欠点が多いため初心者にはオススメできないはず。

フィドル Mage Jungle
森を徘徊するカカシ。万歳が可愛い。
射程範囲にいる相手からドレインするWが強烈で、Manaさえあれば無限にJungleを回れる。スタンとほぼ同じ効果のFleeというCCを与える対象指定のQ、挙動は特殊だがAOEサイレンスのEとCCが非常に強烈。Ultによる奇襲からの上記のCCで一気に戦線を崩壊させることもしばしば。真っ向勝負は苦手だが不意打ちという面ではかなり恐ろしい。

ジャンナ Mage Support
とにかく何かを守るの性能が高い典型的なPeel系のSupport。お天気レポーターのSkinがとても可愛くてエロい。
Qの竜巻がチート性能で最早通常スキルのCCではない。Eのシールドは味方どころかタワーにすらつけることのできるレア技。
Ult使うと周囲の敵を弾き飛ばし、さらに味方を回復させるかなり高性能なもので、味方を守ることに関しては全Ult中でも随一の性能を誇る。
ソラカと同じく積極的にキルは狙いにいけないが、とにかくADCに安全にFarmさせることが一番の強み。スキルの取り回しが難しくポテンシャルを活かすには使い込みが必須だが、多少の弱体化を食らおうが環境が変化しようが大体強キャラポジションに居座るキャラなので使い込み甲斐がある。

ジャックス Fighter Top
あまりに強いので武器を捨ててそこらへんの街灯で戦っているというやたらかっこいい設定のキャラ。
戦法はというとひたすらその街灯で敵を殴り倒す。スキルの内容は移動技、AA強化、自己強化などだが結局のところ街灯で殴る。敵のAAを無力化しつつAoEスタンまで撃てるEが非常に高性能で殴り合いでは最強クラスの強さ。
終盤になると手をつけられなくなるタイプで、1人で敵を皆殺しにすることもしばしば。やることはイーに似てるので同じく敵を殺したいならオススメ。

マルファイト Tank Top
動く岩。どう見ても物理系なのだがスキルはAP依存。
Eが相当に強い。周囲にダメージを当たると同時にASを低下させ、さらにARによってダメージが上がるためARを積みまくるだけでも火力が上がって行く。イーやジャックス、ADCのようにAA主体のキャラにとっては天敵に近い。
しかし一番の強みはUltで、最早命をかけているレベルで強力。指定した地点に突撃しその周囲の敵を打ち上げるという内容で、このゲームでも屈指のイニシエート能力を誇るえげつないもの。他の味方のAOEスキルと連鎖しやすく、これ一発が起点で集団戦がそのまま終了なんてザラ。レーン戦もそこそこ強いためオススメ。

モルガナ Mage Mid,Support
顔は怖い。首から下はとてもエロい。設定では料理上手で普段パン屋を経営しているなどやたら女子力が高いのに顔の怖さで台無し。いくらなんでも険しすぎる。
何も意識しなくていいPassive、当てさえすれば長時間拘束のQ、ハラスやミニオン処理で強いW、CCを無効にするというバリア系のなかでもチート性能なE、集団戦において装備が弱かろうと勝敗を決めかねない性能のUltと全て強力で穴が少ない。
Midレーナーの中でもかなりレーン戦が簡単、SideGankも強烈、Supでも使えると個人的には初心者にイチオシのMage。

ナサス Tank Top
いかにもアヌビスな犬。性能のせいで敵からも味方からも煙たがられることもある。
特殊なキャラで、AAを強化するQで敵を倒すとどんどんQの威力が膨れ上がって行く。上限が無く無限に上がるので、永遠稼げばワンパンで敵を殺せるようにもなれる。そのQの特性のせいで序盤はとんでもなく弱く、レーン戦では虐められ続けることも多い。しかし上手くQが育てば武器を買わなくてもとんでもないダメージを出せるなど終盤は化け物。初心者には向いてない。

ラムス Tank Jungler
アルマジロ。それしか言うことがないほどのアルマジロである。
Tankの中でもトップクラスの頑丈さを誇る尋常ではない防御力と、Qによる高い機動力が特徴。
Passiveにより防具を積むだけで火力が上がる。対象指定TauntのEは強力すぎるほどに強いCCで、Qで一気にレーンに駆けつけてからのEで拘束するGankは脅威の一言。WとEのおかげでAAでダメージを与えるChampとの戦いにめっぽう強い。
しかし近づかないと何も出来ず、CCに対しても非常に弱いためそこが難点。

シンジド Tank Top
毒を撒き散らすハゲ。モビルスーツかと思うほどデカイ盾を構えている。
Passiveのおかげでかなり頑丈になれる。毒だけでなく接着剤も撒き散らしたりなんとなく汚い。戦略も汚く、真っ向勝負よりも毒を生かしてじりじり削りにくる。殴り合いは弱いが、毒のせいで逃げるこいつを追いかけるだけで気付いたら瀕死になっていたりわからん殺し性能が高め。毒のおかげでCSはかなり取りやすいが、初心者に向いてるかといわれると微妙かもしれない。

サイオン Tank Top
いかついガチムチゾンビ。死んであとしばらく活動できるというレアなpassive持ち。LHを取るとHPが増えていく特殊な性能。
Tankだがハラスや殴り合いに便利なスキルがあるのでレーン戦が強い。序盤から終盤まで隙がない。CCが豊富で防具だけを積んでいても集団戦で活躍できるTankの鑑。Ult→QフルチャージのCCコンボは集団戦を左右する。
Ultは他にない特殊さで、使うと急にドライビングゲームが始まる。とても楽しい上にかなり強いUlt。個人的にはオススメのキャラ。

タリック Tank Support
オーラという周囲の味方を全員強化できるスキルを持つキャラ。多少綺麗になったホモ。
自分がスキルを使用すると指定した味方からもスキルが発生するという変わったキャラ。
Eは特殊な仕様だが、QとWとUltは押すだけで発動するのでそういう面では扱いやすい。
特にUltは発動までにタイムラグこそあるもののAOEの無敵というとんでもないインチキ性能。
オススメではあるが見た目からしてなんだかホモくさいので注意。セリフもなんかくさい。

ティーモ ADC、Mage Top
LoL界のスーパースター。みんな大好きティーモくん。物理型でも魔法型でもいける両刀。
初心者が間違いなく躓かされるLoLの害獣。クソむかつく笑顔だけでもストレスが溜まるのに、スキルがステルス化に毒に盲目に毒キノコ地雷など嫌がらせのようなスキルの詰め合わせ。集団戦が不得意なのでステルスと罠を活かして敵を引っ掻き回すのが得意なあたりも害悪。
こいつがいると無意識に全員が殺しにかかるほどの人気者。死ね。

トリスターナ ADC Bot
射程が特徴のADC。スティッチ。タワー割りのプロ。
レベルが上がるごとにどんどんAAの射程が延びて行くキャラ。最終的に全キャラトップの射程になる。
Eの爆弾が少々特殊でタワーを攻撃できる希少なスキル。AS上昇スキルと相まってタワーを割るのが非常に早い。
逃げ性能においてはWとUltと二種類も身を守るスキルがあり、射程も相まって育ったときの砲台っぷりはADC随一。
Eこそ少々特殊だが、WとUltにより自分の身を守りやすく射程が長い分安全な位置取りをしやすいので初心者向きかも。
難点はダメージソースがAA一本なので装備依存度が高い分、ADCの中でも後半の強さに比重が大きく序盤中盤は厳しいところ。

トリンダメア Fighter Top、Jungle
蛮族のおっさんでアッシュの旦那。イー、ジャックスあたりと同じくガチガチの殴りキャラでMana無しChamp。
Manaの代わりにFuryという特殊なゲージを持つキャラの1人。
クリティカルに特化したキャラで、自前のスキルでクリティカルの発生率が上がったり、クリティカルを出すとスキルのCDが短くなったり。移動技もあり、Ultを使うと短時間だが絶対に死ななくなる。序盤は弱いが、この手のFighterのお約束でやっぱり育つと大暴れする。集団戦が不得意で、機動力の高さを活かして単独で行動しレーンを押しまくったり空き巣を襲うのが得意なため初心者には厳しいかもしれない。

フェイト Mage Mid
かなりかっこいい容姿のイケメン。カードを武器に戦う唯一のChamp。
ルーレットで三種類のAA強化の中から一つ選べるWは用途がさまざまで使い分けが必須。
長射程でマップの半分ほどなら好きな地点へワープできるUltが特徴的で、これによりMAP全体に渡ってプレッシャーをかけることができるのが最大の強み。
その分攻撃スキルは少なくなっており全てのスキルを使うような戦いは不得意なのでレーン戦で勝つというよりはUltを使ってほかのレーンでキルを狙うのがメインになる。肝心のUltはある程度ゲームに慣れないと強みや使いどころがわかりづらいのであまり初心者向きではない。

ウディア Fighter Jungle
森を徘徊するガチムチ。非常に特殊で、Ultが実質なくUltを含めた4つのスキルでモードチェンジを駆使するキャラ。ストライクガンダムおじさんでシャーマンキング。
エールとソードはあってもランチャーはない。色んな効果はあるが、どのモードになってもやることはAAでの殴りあい。クリープを狩るのが早く、タイマンも非常に強いので相手のJungleに入っていって相手のJunglerを倒すのも得意。
ガレンなどと同じく徒歩しか移動手段がないので、集団戦では状態異常をかけられると触れることなく沈んだりしかねない。

ヴェイガー Mage Mid
可愛い見た目の魔法使い。しかし一瞬で敵を蒸発させるAssassinじみたMage。
ナサス、サイオンと同じく無限にステータスが上昇していくキャラの1人。QでLHを取ったり敵Champを攻撃するとAPが上がる。Ultは単体に対してかなり高いダメージを叩き出せるため油断した相手を即死させる爆発力がある。ただしUlt以外対象指定のスキルがないのでスキルの命中率がものをいう。

シン・ジャオ Fighter、Tank Top、Jungle
 
この動画が有名なキャラ。武器ガン積みも防具ガン積みも両方いける。こいつもAAで殴り倒す系Champ。ただし相手に飛びつく技はある。
他のFighterにない特徴は敵を攻撃すると物理防御力を下げることが出来る。飛びつきも含めて1人を狙って倒すのが得意で、タイマンが強い。さらに殴るだけでなく打ち上げやスローもありスキルは優秀なものが多い。
QとWがAA強化でEは単体指定のBlinkと絶対にスキルを外すことはないのでボタンを押せば仕事ができる。Ultの撃ち方が難しいかもしれないぐらいで初心者向け。

ジリアン Mage Mid、Support
時間を操るおじいちゃん。時限爆弾を設置したり時間を巻き戻し死んだキャラを蘇らせたりできる。
何かと面白いスキルが揃ってるが、こいつ自信がぺらぺら。攻撃スキルがQしかないためこれを当てれなければどうしようもないという欠点がある。
Ultは強力だがつけたやつが死んでようやく効力発揮なので、最悪味方が生き残ると無意味になってしまったり難しいのでお勧めしない。

触ったこと無いキャラは適当に書くしかないので、鵜呑みにせずちゃんとWiki読んだほうがいいと思います。

身内向けLoL 450IP

1350IP以下の雑なまとめ。使ったこと無いキャラはかなり雑。Wikiとか他のサイト見たほうがいいと思う。一応よく行くレーンと主なロールも。長くなるので450IPから。 ADとかAPとか書き直すのが面倒なので許してください。書いてる時点のパッチは6.2でその時点での基準で書いてます。

アムム Tank Jungle
泣き虫チビ。可愛い見た目に反してガチTankで、相手を捕まえて敵陣に突っ込む。Ultが広範囲のAOEスネアで集団戦のイニシエーターとして非常に強力。
Wのおかげで垂れ流しながら生き残るだけでもりもりダメージを与えることが出来るのでTank装備にするだけでダメージも出せてしまう。キャラパワーが高い。
 
アニー Mage Mid、Support
大天使幼女。可愛い。スタックを溜めてチャンスを見つけたらスキル全部投げつけて一気に殺す幼女。
MageはADを上げないのでAAでミニオンからLHを取るのが難しいが、アニーのQはミニオンに止めを刺すと使ったManaが帰ってくるのでCSを取りやすい。スタックを溜めてからのUlt→Q→Wのフルコンボは装備が少なくても大ダメージを与えられるので序盤から強い。
スキルが扱いやすく、狙うこともわかりやすい。Supとしても運用可能でイニシエートも学べるためオススメのキャラ。

アッシュ  ADC Bot 
弓使う氷雪系人妻。初心者向けADCと言われることもある。スキルは攻撃や偵察などバランスがよく多芸だが、自衛に使えるスキルがUltしかないので脆い。スタック管理が必要だが攻める基準になるQ、レーン戦でのハラスとミニオン処理に活躍する非常に使い勝手のいいW、射程無限でDragonやBaronなどの偵察が簡単に出来てしまうE、射程無限+AOE+スタンとADCとは思えない強烈なCCのUltとスキルの性能が全体的に高い。自衛性能が低いと言ってもBlinkがないもののスロー付きAAである程度逃げれるので入門にはいいかもしれない。

ガレン Tank Top
みんな大好きDemaciaおじさん。叫んで叩いてぐるぐる回って敵を叩く。
Qで近づいて殴ってEで追撃してWでダメージ減らして離れるとやることが単純でそれが強い。Mana無しな上にPassiveでリコールしなくてもHelthが回復するのでリコールしなくてもレーンに居座れるのが強み。EのおかげでLHを取りやすいのもありがたい。
Tankの割にはEでダメージが出せる上Ultにより確実に仕留めにいけるので後衛を倒しにいけるのが強み。
無料でもらえて初心者向けなのでオススメだが、CCがQのサイレンスしかなく徒歩で近づくしかないので無理な相手はとことん無理。

ケイル Fighter 色々
天使。中身は美人。
スキルの内容はAA強化、単体指定スロー、HP回復+MSアップ、Ultは短時間だが指定したキャラを無敵にするという幅広い内容。スキルのバランスがいいので、ADC以外では一応どこでもいけるというすごいキャラ。しかし戦法は大概AA強化で射程を延ばし相手を殴りまくるという脳筋っぷり。ガレンのような近接しかできないキャラにはかなり強い。
AA主体のキャラなので装備依存度が高く序盤中盤は苦しいかも。

マスター・イー Fighter Jungle
初心者帯トップクラスの初狩りキャラ。Junglerに慣れていない初心者を恐怖のどん底に叩き落す殺戮マシーン。
とにかく近づいて剣で切りまくる。ガレンと違い移動しながら攻撃もできるスキルがあるので見えたと思ったら目の前で殴りかかられている。
BlinkこそあるがCCがなく、AA主体なので装備がないうちは弱いが、一度育つと手がつけられなくなるタイプでそうなると試合が終わったりする。とにかく敵を殺したいなら安いしオススメ。


ヌヌ Tank Jungle
なんとなく顔がむかつく。全然強そうに見えない氷を投げつけるだけのスキルがやたら減ったりする。
スキルでSmiteを持ってるようなもので森の動物を文字通り食い荒らす化け物。自陣では飽き足らず敵陣Jungleを荒しまくる害悪。
Ultは初見殺し性能が高く、初見だとフルチャージで即死する可能性が高い。

ポッピー Fighter Top
昔はLoL随一の顔面ブラクラブサイクだったが脅威の整形技術により180°変わって屈指の可愛さを誇る顔になった。
Tankだが一部のBlinkを無効化するW、ハンマーで相手をもの凄い勢いでホームランできるUltなど変わったスキルを持つ。
相手のHelthを割合で削るQ、条件付とは言えBlink+スタンのEなどTankながら殴り合いに強い。

ライズ Mage Top、Mid
青いハゲ。マナを増やせば増やすほどスキルの威力が上がっていく特殊なキャラ。Passiveの効果でスタックを溜めるとガトリングのようにスキルを撃ち込んでいくキャラで操作が忙しいが、対象スネアを持つために一度捕まるとそのまま一気に仕留めかねないバーストを持つ。育った時の化け物っぷりはMage随一。スタックの管理が難しいのであまり初心者向けではないかもしれない。

シヴィア ADC Bot
ブーメランおばさん。機動力に特化したADC。ミニオン処理能力がADCでもトップクラス。
QとWによるレーン戦での高いハラス能力とミニオン処理能力が特徴の一つ。EのスペルバリアはCCすらも無効にしつつマナも回復可能と非常に強力なオンリーワン要素。Ultを除いた三つのスキルによるレーン戦が非常に強力な上、スキルの内容がわかりやすいので安値のADCの中では初心者向けかも。
Ultは周囲の味方のMSを一気に上げる非常に強力なものなのだが、これ単品で攻撃できるわけではないのでアッシュに比べると強みがわかりづらいかもしれない。

ソラカ Mage Support
自立型二足歩行生体赤ポーション。とにかく味方を回復させることに特化した唯一のキャラ。
攻撃性能は皆無な分ADCを回復させているだけで仕事が出来る。Qさえ当てれればマナのある限り回復し続けることが可能。
集団戦もざっくり言えばやはりひたすら回復させるのが仕事なので、やることは初心者でもわかりやすい。

ワーウィック Fighter Jungle
わんわんお。相手を殴るともりもりHelthが回復する。
Helthを維持しやすいので森を回るのが簡単。その高い回復性能のおかげで敵Junglerとのタイマンにもかなり強いためばったり遭遇戦でも安心。
スキルが全体的に簡単な内容でUltを使えば確実にGankを決めれるのでJungle入門にはとてもいいキャラ。

身内向けLoL2

続き。
適当にロールごとによく使われるアイテムとかビルド順とかざっと。 
ADCからやります。とりあえず武器だけ。
予め書いておくとエズリアル、ヴァルス、クインなどはADCでありながらBotではなくTopやMidにいくこともあり、その役割にあったビルドをするためここで書く内容はほぼ当てはまらないので注意しよう。

よく使われるメインの武器
ドランブレード
スタートアイテムの定番ドランシリーズの一つ。
ADCのみならず攻撃力を上げるキャラはよくスタートアイテムにする。ドランシリーズ共通として何の材料にもならない代わりにコスパがいいので、ADCはこれと赤ポーション一つとトリンケットでスタートがテンプレ。レーン戦でも多く持てば有利なので、早めにリコールしたときなど中途半端なお金しかなかったのなら二本目までは買っていい。

インフィニティ・エッジ
ADCが真っ先に目指すアイテムの一つ。主にジンクスなど本当に通常攻撃を主体に戦うADCが最初に目指す。
ゲーム中でも指折りの高さだがその分性能も凄まじく、ADCにとって重要なクリティカルのダメージが跳ね上がる。これに限らず高いアイテムは一気に買うのは難しいので、手持ちのお金と相談し材料のピッケルやB. F. ソードから順番に買うといい。

エッセンスリーバー
インフィニティエッジと同じくADCが真っ先に目指すアイテムの一つ。
こちらも非常に値段が高く、攻撃力とクリティカル率が上がるのは同じなのだが、クールダウン短縮やマナ回復などスキルに関わるの能力が得られるのがこちら。コーキー、フォーチュン、ルシアンなどスキルを使いつつ戦うADCが最初に目指す。
素材にBFソードだけでなく、ウォーハンマーやロングソードなど安いアイテムがあり素材を買いやすい。

スタティック・シヴ、ラピッドファイアキャノン
攻撃速度、クリティカル率、移動速度とADCにとって重要なステータスが上がる装備。ほぼ同じステータス上昇と効果のアイテムで、買うのはどちらか一つでいい。
シヴの範囲攻撃はクリティカルも発生するため強力で、ミニオンの処理が早くなり集団戦でのダメージソースとしてもいい。
ラピッドファイアキャノンはダメージこそ単体にしか入らないが、射程が伸びるのでルシアンやヴェインなどAAの射程範囲が狭いADCはこちらを買うことが多い。

似たようなステータスの上昇値のアイテムとしてファントムダンサーとルナーンハリケーンもある
ファントムダンサーは上昇値と値段こそ優秀なものの、MSアップの効果の範囲が狭く通常攻撃の範囲内に入るほどの距離まで近づかないといけないためADCには不向き。
ハリケーンは追加で出る攻撃が通常攻撃扱いなため、通常攻撃をトリガーに何かしら発動する
ケイトリン、トゥイッチ、カリスタなどとは相性がいいので上記の二つではなくこちらを積むことが多い。

インフィニティエッジもエッセンスリーバーもクリティカル率によって効果が発生するので、スタティックシヴかラピッドファイアキャノンと両方揃ってから真価を発揮し始める。
大体はインフィニティエッジorエッセンスリーバー→スタティックシヴorラピッドファイアキャノン+靴の三つを揃えるところまでは大体のテンプレ。
ここから状況に合わせて武器なり防具なり作る。防具はキリがないので割愛。靴も派生が多く場合によりけりなのでこれも割愛。さらにヴァルスやエズリアルなどPoke性能に長けたADCはかなり違うビルドになるのでこれも割愛。ガバガバ。

対Tank
相手のTankが複数いる、育ちすぎてまともにダメージが与えられない場合に買う武器。

モータルリマインダー、ドミニクリガード 
二つとも相手の上昇した物理防御を45%貫通する効果を持った武器。そのためひたすら物理防御を積んでいる相手などには非常に有効。
欠点は貫通するのがあくまで上昇した物理防御なので、全く物理防御を積んでいない相手のADCやミッドレーナーにはあまり効果を期待出来ないというところ。
基本的にはドミニクリガードでいい。
もし相手チームにマオカイ、ヴラッドミア、スウェインのような体力を回復することに長けたチャンピォンがいるなら回復阻害効果を持っているドミニクリガードを積もう。

ルインドキング・ブレード
名前がかっこいい。上記の二つより優れているのは
・割合でダメージを与えるためARに偏った相手でなくてもダメージを期待できるところ
・攻撃速度とライフスティールも上昇するため、防具を積んでいない相手にも有効。
・アクティブでさらに相手の移動速度を吸収できるため、張り付いてくる相手への自衛手段に使える。
などなど 逆に欠点はとにかく高い。得られる数値が値段に割りには少ないあたり。
特にASが重要になるヴェインやトゥイッチは初手に積むこともある。

魔法防御を得られる武器
大体相手のミッドレーナーなどに煮え湯を飲まされることが多いのでなんやかんやよく積むハメになる武器。高い分かなり性能がいい。

マルモティウスの胃袋
日本語にすると名前がダサすぎる。
高いが得られる数値も高く、特についている二つの効果は非常に強力。体力自体が少ないADCにとって有効なバリアと、瀕死になると戦闘が終わるまで得られ続ける強力なバフによって粘り強くなり相手のミッドレーナーとの殴り合いなどではかなり頼りになる。
材料のへクスドリンカーが値段の割りに強力なので、場合によってはここで止めて他の武器に行ってもいいかもしれない。

マーキュリアル・シミター
高い高いと書いたインフィニティエッジとエッセンスリーバーよりもさらに高いとんでもない値段の武器。本体は材料のシルバーサッシュ。
魔法防御が上がるのもいいが最も重要なのは受けているデバフを解除するというとんでもなく強いアクティブ。ADCはぺらい分相手のCCに当たったら即死などよくある話なので、そういった強烈なCCを持つチャンピォンが相手にいる場合買うべきアイテム。
肝心のアクティブ効果は材料のシルバーサッシュにあるため、こちらもサッシュで止めてもいい。ただ高いだけあってシミターまで行くとインフィニティエッジをも上回るもの凄い攻撃力を得られるため、他に目指さなくてはいけないものがないなら完成させてしまっていいだろう。

ゴリラ武器
対策とかよりも単純に攻撃性能に特化している武器。もし相手にTankがいない場合やミッドレーナーが魔法攻撃をしないキャラならこちらを買うのがいいのかもしれない。

ブラッドサースター
とんでもない値段でとんでもない攻撃性能を誇る。攻撃力とライフスティールに特化した武器。とにかくぺらい相手との殴り合いでなら相当強い武器。集団戦が始まる前にミニオンや中立クリープでシールドを作っておこう。

妖夢の霊剣
元からこういう名前だがもう少しオブラートに包め。
さっきまで上げてきた攻撃力特化のアイテムに比べると安い割りに得られる数値が滅茶苦茶多いコスパに優れたアイテム。
モータルリマインダー、ドミニクリガードと違い物理防御を固定値で貫通するため、防具を積まない相手にも高い攻撃力を誇る。
アクティブを起動すると6秒間ではあるが一気に移動速度と攻撃速度が上昇するのでぺらい相手は瞬殺を狙える。Be a Gorilla。

大体こんな感じ。 最初も書いたが一言でADCと言ってもやることが違うキャラも何キャラかいてそのキャラはまたかなり違うアイテム選択になるので気をつけよう。
プロフィール

おっくう884

Author:おっくう884
メイン放置
TCGとか主に書く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。